×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 2006年解禁

解禁初釣行は阿蘇のふもとで、寒い雨の中、
はや釣りに終わったので、今回は大分の川に。
去年の台風の影響で川の下流部には重機
が並んでいる。渓相も以前とは全くと言って良いほど
変わっていた。
山道を登るほどに体感気温が下がってくる。
ぱらついていた雨も霙交じりとなってくる。
「こりゃドライじゃ厳しいな・・・」
川沿いを歩いているとミッジが、
ちらほら水面を流れている。
流れの落ち込み上の石の横の
流れの水面が割れる。
パラダンをレーンに流すと銀毛した
幅広の山女魚が素直に出てくれた。
気温は相変わらずだが、時折日が
差し込んでくる。ちらほらと小カゲロウの
ハッチが始まる。上のプールで
ライズが始まる。よく見ると5〜6匹位の
山女魚がライズを繰り返している。
流れのレーンの中と、よれと、
ライズフォームもいろいろだ。
流れのよれでライズしている奴は
小カゲロウのイマージャーを食っている。
流れるダンには目もくれない。
フライを#16クリップルに変えて
流れの頭でライズしている奴を狙う。
ゆっくりとフライを銜える。
走りとローリングを繰り返し抵抗してくる。
久しぶりのやり取りで、一発目の走りを
止めれなかった。やはりちょっと強引でも
一発目の勝負が大事だと痛感する。
それでもなんとかネットのなかに収まってくれた。
まだまだ川の風景は寒々しい
川をたたいてみると反応がない。
ドライフライが沈んだときに魚影が見えるので
ニンフで探っていくとかなりの釣果が期待できるのだが
ニンフの釣りは嫌いなのでどうしようもない。
まっちゃん が釣った幅広山女魚
流れの中でライズを繰り返していた
よほど虫が多いのかぷりぷりして旨そう・・・

一日ライズの釣りが楽しめた。
もう少し暖かくなるとまだ面白くなりそうだ。

 ここは何処?
ニュージーランドに行ってきました・・・
まっちゃんが釣りました
んな訳わなく・・・
どこかからの落ちマスでしょう
風邪もなかなか治らず、日曜日に急遽仕事が入り
先週調子が良かった川は、水量は1/3程度で
どの川も工事工事工事・・・
川の水は濁り濁り濁り・・・
夕方何とか入った川で最後の最後で
まっちゃんがやってくれました。